スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


井手元会長ら3人強制起訴へ=検察審査会が議決−JR福知山線脱線事故・神戸(時事通信)

 乗客106人が死亡した2005年4月のJR福知山線脱線事故で、業務上過失致死傷容疑で告訴され、検察が不起訴処分としたJR西日本の井手正敬元会長(74)ら歴代社長3人について、神戸第1検察審査会は26日、再審査した結果、強制的に起訴すべきだとする起訴議決をしたと公表した。今後、裁判所が指定した検察官役の弁護士が起訴する。
 脱線事故では、神戸地検が前社長山崎正夫被告(66)を在宅起訴しており、JR西の歴代社長4人が裁判で刑事責任を問われる異例の事態となった。
 他に起訴議決となったのは、南谷昌二郎前会長(68)と垣内剛元社長(65)。
 審査会は最初の審査で昨年10月、不起訴とされた井手元会長ら3人を起訴すべきだとする起訴相当を議決。神戸地検は同12月、いずれも過失は問えないとして再び不起訴としていた。 

【関連ニュース】
元専務、遺族集会で謝罪=JR福知山線事故
重傷の近大生が卒業=「一日一日必死だった」
福知山線事故で初の整理手続き=JR西前社長、否認の意向
2000個、追悼のともしび=通行人も参加、福知山線事故
検察審査会、遺族から意見聴取へ=歴代社長の起訴可否検討

六ヶ所村再処理工場で放射性廃棄物管理に違反(読売新聞)
小6いじめ自殺で和解=道、市が遺族に謝罪−条項に再発防止策も・札幌地裁(時事通信)
皇后さまが障害者の工芸展に(時事通信)
<幼児虐待死>夫婦の主張に差、夫の判決確定…戸惑う裁判員(毎日新聞)
元秘書判決確定後の資料公開を首相に要求へ 自民・川崎氏(産経新聞)

<B型肝炎>福岡地裁でも和解勧告 札幌地裁に続き(毎日新聞)

 集団予防接種で注射器が使い回されたことが原因でB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者ら133人が国に総額47億5200万円の損害賠償を求めた「B型肝炎九州訴訟」で、福岡地裁(西井和徒裁判長)は26日、原告・被告双方に和解勧告した。全国10地裁で係争中のB型肝炎訴訟で、和解勧告は12日の札幌地裁に続き2例目。相次ぐ和解勧告は国に和解に向けた本格的な対応を迫ることになりそうだ。

 原告側弁護団によると、西井裁判長は次回期日(5月17日)をめどに和解協議に応じるか否かの検討を双方に促した。和解協議に入る場合は具体的な救済内容の協議を進めたいとの意向も示した。

 勧告対象は今月24日に第9陣で提訴した原告11人をのぞく原告122人。幼少時に国による集団予防接種を受けてB型肝炎ウイルスに感染したり、集団予防接種が原因でB型肝炎ウイルスに感染した親から母子感染したとされる。

 B型肝炎を巡っては、最高裁が06年6月、注射器の使い回しを放置したとして国の責任を認め、原告5人の勝訴が確定している。

 国内には推計100万人前後の感染者がいるとされるが、国は感染の因果関係が明確でないとして一律救済を拒否。そのため患者らは08年3月の札幌地裁を初めとし、東京や福岡など全国10地裁に順次提訴。26日現在、全国の原告数は419人となっている。

 厚生労働省は「福岡地裁からの提案については政府部内で対応を検討する」とのコメントを出した。

 ×   ×

 和解勧告を受け、原告側は福岡市内で記者会見。小宮和彦・九州弁護団長は札幌地裁に続けての和解勧告について「被害者・原告の声を裁判所が聞き届け早期に和解解決するよう国に求めた」との見方を示し「国は即刻和解協議に入るべき」と指摘した。また、谷口三枝子・全国原告団代表は「札幌、福岡と続けての和解勧告で国の逃げ道はふさがれた。既に全国で9人の原告が死亡した。もう待てない」と述べ一刻も早く和解協議に応じることを国に強く求めた。

【関連ニュース】
B型肝炎訴訟:36人が追加提訴、原告419人に
B型肝炎訴訟:原告団が和解勧告受け入れ確認
B型肝炎訴訟:札幌地裁が国・患者側に和解勧告 全国で初
鳩山首相:B型肝炎訴訟で政府一体対応を指示
B型肝炎訴訟:「いつ発症するか不安」 原告400人超えた

伊豆諸島南部に暴風警報…気象庁(読売新聞)
パラマウント誘致にご執心 橋下知事が怒鳴りつけた相手とは…(産経新聞)
法人税下げ、参院選公約に=大塚内閣府副大臣(時事通信)
東京で桜が開花 平年より6日早く(産経新聞)
飲酒運転撲滅モニュメント建立へ=福岡市〔地域〕(時事通信)

<ガンブラー>欧州サーバー感染源に 警視庁が国際捜査要請(毎日新聞)

 大手企業のウェブサイトが改ざんされ、閲覧しただけで利用者のパソコンがコンピューターウイルスに感染する「ガンブラー」攻撃による被害が09年末以降、相次いでいる問題で、ウイルスが欧州5カ国のサーバーに仕掛けられていたことが警視庁ハイテク犯罪対策総合センターの調べで分かった。警視庁は23日、サーバーが設置されているフランスやオランダ、ドイツなど欧州5カ国の捜査当局にサーバーの契約者情報や通信記録などを国際刑事警察機構(ICPO)を通じて提供するよう、警察庁に要請した。【町田徳丈】

 ガンブラーはサイトを改ざんし、閲覧した利用者を別のサイトに誘導してウイルスをパソコンにダウンロードさせる攻撃方法の一種。誘導するサイトのアドレスからgumblar(ガンブラー)と呼ばれている。感染したパソコンで別のサイトを管理している場合は、そのサイトも感染して被害が連鎖するほか、パソコンに保存されたパスワードなどの個人情報も盗まれる恐れがある。

 警視庁はこれまでに、JR東日本やホンダ、民主党東京都連など13の企業・団体のサイトの被害を確認。何者かがサイト管理用のIDとパスワードを盗み出すなどして入手し、サイトを改ざんしたとみて09年12月以降、不正アクセス禁止法違反容疑で捜査してきた。しかし、侵入者は国外からアクセスしているうえ、IPアドレス(コンピューターを特定する情報)が数秒ごとに切り替わり、IPアドレスから容疑者を特定するのは困難だった。

 このため、閲覧者を誘導するサイトのドメイン(ネットの住所)を捜査したところ、いずれもロシアを示す「.ru」となっていたが、IPアドレスの分析で、フランスの19サーバー▽オランダ6サーバー▽ドイツ4サーバー▽英国1サーバー▽ルクセンブルク1サーバー−−の5カ国計31サーバーを通じ、ガンブラーに感染していたことを突き止めた。捜査関係者は「容疑者は捜査当局に特定されないように、複数の海外サーバーにウイルスを埋め込んだ」とみている。

 ガンブラー攻撃の目的は不明だが、第三者のパソコンを遠隔操作できる状態にすることで、何らかのサイバー犯罪に悪用しようとしているとの指摘がある。感染は09年春ごろから世界的に流行し、国内では同年末から被害が急増。ウイルス対策会社によると、国内の3500件以上のサイトが感染した可能性がある。

【関連ニュース】
不正アクセス容疑:芸能人445人分のID“公開” 逮捕
サイバー犯罪:9年連続で最多を更新 警察庁09年まとめ
セキュリティー意識調査:日本人の8割がオンラインサービスの安全対策希望 RSAセキュリティ
無線LAN
ガンブラー:神戸市のサイト、ウイルスに感染 被害拡大疑いも /兵庫

<女子トイレ侵入>容疑で開星教諭逮捕 盗撮目的か 島根(毎日新聞)
震災再開発地区で代執行 兵庫県、唯一明け渡し拒否(産経新聞)
クロマグロ禁輸否決 鳩山首相も築地魚河岸も歓迎(スポーツ報知)
カート事故でカメラマン書類送検へ=石川遼取材のTBS下請け会社−高知県警(時事通信)
「欲望抑えきれず」中1男子にわいせつ行為 容疑で男性教諭ら逮捕(産経新聞)

「黒澤明記念館」伊万里市が期限付き再締結へ(読売新聞)

 佐賀県伊万里市に「黒澤明記念館」の建設を計画している黒澤明文化振興財団(黒澤久雄理事長)が、建設に充てる寄付金の大半を財団運営費などに使い果たしていた問題で、同市の塚部芳和市長は23日の市議会全員協議会で、財団との契約内容を変更し、建設期限を盛り込んで締結し直す意向を示した。

 「6月末頃までは財団の対応を見守る」としている。

 市は記念館建設に向けて財団の施設維持管理費などを補助しているが、建設期限を定めた契約は交わしていなかった。

 期限内に実現しなかった場合、黒澤理事長が取締役を務める黒澤プロダクション(横浜市)に支払った記念館建設などに関する権利金1億500万円の返還を求める根拠にする考えとみられる。

<野焼き>燃え広がった火でボランティア3人死亡 静岡(毎日新聞)
水俣病訴訟、和解の可能性=国や患者会、所見受け入れ検討(時事通信)
公務員の希望退職検討=仙谷担当相(時事通信)
<郵政改革>亀井担当相が鳩山首相に具体策報告(毎日新聞)
<訃報>益田勝実さん86歳=国文学者、元法政大教授(毎日新聞)

<業過傷害容疑>猟犬の飼い主を17日書類送検(毎日新聞)

 三重県松阪市の県立飯南高校で09年12月、グラウンドに侵入した猟犬に襲われた生徒5人がけがをした事件で、県警松阪署は16日、飼い主で同市飯南町粥見の農林業の男(58)を業務上過失傷害と狂犬病予防法違反の疑いで17日に津地検へ書類送検すると発表した。調べに対し、男は容疑を認めているという。

 容疑は同月17日午後1時ごろ、人を襲う危険があると認識しながらイノシシ猟のため同校裏の山林に猟犬5匹を放し、猟犬が校内に侵入。部活中の1〜2年男子4人を襲って足などに軽傷を負わせたとしている。また猟犬5匹に狂犬病予防法に基づく登録をせず、予防接種をしなかったとしている。

 同署は校内に侵入した犬を当初、7匹としていたが、実況見分などから5匹と判断した。【福泉亮】

【関連ニュース】
犬繁殖業者:狂犬病予防法違反容疑などで逮捕 兵庫県警
雑記帳:飼い犬に「犬の住民票」を発行 東京・板橋
尼崎の違法飼育:業者を釈放 捜査は継続 /兵庫
尼崎の違法飼育:狂犬病予防、大半怠る 市、犬販売・繁殖業者を調査 /兵庫
ニュース交差点:社会 東京・板橋で犬に住民票

<国民新党>非正規雇用減少へ優遇税制を 自見幹事長(毎日新聞)
火災 倉庫や事務所が全焼し1人の遺体発見 さいたま市(毎日新聞)
<「鈴木」姓>全国一多い浜松市に「楽会」(毎日新聞)
看護師以外の医療スタッフの役割も拡大へ(医療介護CBニュース)
3行為の実証研究実施へ―救急救命士の処置範囲拡大で(医療介護CBニュース)

<能古島切断遺体>不明の32歳会社員と判明(毎日新聞)

 福岡市西区能古の能古島の海岸で15日に見つかった腹部だけの女性の遺体は、同市博多区堅粕5、会社員、諸賀礼子さん(32)のものであることが、福岡県警への取材で分かった。諸賀さんは今月6日から行方不明になっていた。県警は殺害後に、鋭利な刃物で遺体をバラバラにされたとみて調べている。

 県警によると、諸賀さんは1人暮らし。同僚が6日朝、アパートを訪ねたところ、玄関は施錠され、連絡が取れなくなっていた。室内には財布が残されていた。

 諸賀さんは足の付け根部分から切断され、胴体もへそ付近から上部がなかった。尻の上部と右側の2カ所にあざがあり、生前にできたものとみられる。司法解剖の結果、死後1週間から10日。海岸に漂流したとみられ、海面に浮いていた。県警は現場周辺で他の部位の捜索を進めている。

 能古島は博多湾中央部に位置し周囲約12キロ、人口約800人。福岡市西区の渡船場から約10分と近く、夏場は海水浴客、秋はコスモスの見物客でにぎわう。【島田信幸、金秀蓮、近松仁太郎】

【関連ニュース】
能古島切断遺体:尻に複数のあざ 他の部位を捜索
女性遺体:切断され下腹部のみ 福岡・能古島の海岸付近
女性遺体:海岸に切断遺体 死後数日〜数週間−−福岡・能古島
福岡・能古島の女性遺体:尻に複数のあざ
女性遺体:福岡・能古島に切断遺体 砂浜、下腹部が漂着 死後数日から数週間

朝鮮学校の無償化に反対 自民が決議(産経新聞)
最終列車 「北陸」「能登」に撮り鉄多数 JR西は警戒(毎日新聞)
<雑記帳>愛媛県警が着うた 振り込め詐欺「騙されん音頭」(毎日新聞)
「なぜ自分のところにだけ」 強制執行に ホリエモン憤慨(J-CASTニュース)
「その見取り図作成は忘れました」 証人の警察官が正直に“告白”(産経新聞)

【近ごろ都に流行るもの】おしゃれエプロン 女子力アップ(産経新聞)

 所帯じみていたエプロンがスゴイことになっている。ハートにヒョウ柄、ケーキ柄、レトロなテントウ虫柄などなど…。コスプレか!? と驚くほど華やかなデザインが出回り、にわかに「ファッション」としての注目が集まる。

                   ◇

 通りすがりの観光客が「かわいい〜」と声をあげた。横浜中華街・関帝廟前にチャイナの空気を一変させる店があった。インポートエプロン専門店「アモリコ」。

 アメリカの人気ドラマ「デスパレートな妻たち」で評判になったエプロンブランド「ジェシースティール」など6ブランドのエプロンを輸入販売している。女らしいフリル使い、スッキリ細身に見える布の切り替えなど、ドレス感覚のエプロンが百花繚乱(りょうらん)だ。春夏の新作が入荷したばかりという。

 「みなさん一度に10枚くらい試着されますね。洋服だと派手すぎるデザインもエプロンなら、やりすぎくらいでちょうどいい。華やかなものを身につけると地味には戻れないようで、リピートが多い。気分や用途で選んで」とは店長の彌野(やの)亜希子さん(34)。

 価格は5千円前後が中心。従来のエプロン相場より高めだが服よりは手ごろ、かつ大胆な装いが楽しめるとあって、購買意欲がくすぐられる。「一気に買っていかれる常連さんも。コレクションアイテム化していますね」。コーディネートする水仕事用のゴム手袋もパーティー用と見まがうような、ファーやビジューがゴージャス!

                   ◇

 妻が店長、夫が社長。結婚5年の夫婦が商う「アモリコ」。それぞれ日本での仕事を辞め、2人で世界各地を放浪。ニュージーランドへの移住の夢かなわず帰国した3年前、ネット通販で細々始めたのがエプロンの輸入販売だった。

 「きっかけはアメリカのドラマ。おしゃれなエプロンを日本でも広めたいと思った」と亜希子さん。ネットで支持を広げ1年後には実店舗をオープン。当初月100枚弱だった売り上げ枚数が、現在月約2千枚と20倍以上に伸びている。バイヤーの目にもとまり、丸井など大型店から卸の引き合いも増加。実績が認められ、昨年9月にはアメリカドラマ「アグリーベティ」でエプロンが使われた「キッチングラム」など2社と日本総代理店契約を結んだ。「日本でのエプロン人気に目をつけた米国メーカーから、最近は逆に売り込みが来ている状況。さらに扱いブランドを増やしていきたい」とは夫の龍太郎さん(33)。

                   ◇

 不況を背景にした巣ごもり志向を追い風にブレーク中の部屋着ブランド「ジェラートピケ」でも昨秋、エプロン(3360円)が登場した。「家事をする人しない人で反応が分かれる商品ですが、実家暮らしの人でも『かわいいエプロン』が家事デビューのきっかけになっている。男性からも『エプロン持ってないってどうなの』という声もありますしね」とは、展開するマッシュスタイルラボ(東京都港区)広報の豊山陽子さん。

 アモリコの取材中にも「彼女に贈りたい」という男性が買いにきた。エプロンは単なる作業着と思っていたが、男ウケもするし、家事などのヤル気を上げる実利性の高いファッションであった。ホームパーティーや料理教室、ボランティア活動など人目に触れる機会も意外にある。ステキなエプロンを手に入れれば女子力アップは確実!?(重松明子)

シー・シェパード元船長立ち合わせ実況見分(読売新聞)
【著者に聞きたい】秦郁彦さん『靖国神社の祭神たち』(産経新聞)
<東京大空襲>訴訟原告団が国会議員と懇談(毎日新聞)
グループホーム火災で厚労省が職員派遣(読売新聞)
<掘り出しニュース>酒気帯び運転容疑者、パワーショベルで逮捕(毎日新聞)

鶴岡八幡宮の大銀杏 幹移し根元再生へ作業開始 東農大教授が助言(産経新聞)

 鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)は12日、強風の影響で倒れた県指定天然記念物「大銀杏(おおいちよう)」の再生に向けた作業を開始した。

 東京農大の浜野周泰教授が同日朝、現地を調査。倒木を根付かせるため、根元から3〜4メートルの幹部分を脇に移植するよう指導した。これを受け、職員らが移植場所の掘削や、再生可能な高さを確認する作業を行った。また、残った根元から若木が芽生えるよう、根が抜けた穴には土を入れる。

 八幡宮では「姿かたちは変わっても、ご神木としておまつりしたい」としている。

【関連記事】
[フォト]鎌倉の大銀杏、根元からぽっきり折れてしまった
鎌倉の大銀杏、幹移し根元再生へ 東農大教授が八幡宮に指導
クローン技術利用も!? 倒壊の鶴岡八幡宮大銀杏の「再生」検討
倒壊鎌倉大銀杏「回復は不可能」 県が輪切りなどでの保存を要請
源実朝ゆかりの「隠れ銀杏」折れる

愛子さま学習院不登校 学校側「学級崩壊」否定(J-CASTニュース)
<警視庁>異例の捜査1課長を解任 女性トラブルで(毎日新聞)
<自殺>硫化水素で女性 5世帯一時避難 松戸のマンション(毎日新聞)
「フワリ」感触、沈む地面…大阪城公園の陥没穴、目撃者が証言(産経新聞)
漫画などの児童ポルノ規制 都、条例改正案を説明(産経新聞)

<ルーズベルト大統領>手紙初公開 日露戦争の戦況分析(毎日新聞)

 日露戦争中の1905年1月9日、セオドア・ルーズベルト米大統領が友人に送った手紙が日本で初公開される。この中で大統領は「海上における日本のあらゆる危機が終わった」と戦況を分析している。だが、実際には同年5月、日本の最大の脅威だったロシア・バルチック艦隊が襲来し、日本海海戦が行われた。当時、同艦隊の行動をめぐっては日本に向かうか、本国へ帰還するか情報が錯綜(さくそう)していた。米大統領が楽観的情報に基づいて日本有利と判断したことを示す資料としても注目される。

 手紙はボストン美術館の浮世絵コレクション収集などに貢献した知日家のウィリアム・ビゲロー・スタージスあてで、近年までボストンの関係者が保管していた。

 手紙は、11日から13日まで東京都港区六本木の泉ガーデンギャラリーで開く「2010年国際稀覯(きこう)本フェア」で公開・販売される。値段は360万円。

長男遺棄容疑で男逮捕、自宅に妻と義母の遺体(読売新聞)
大麻密輸犯が「逮捕まで」を ブログ・ツイッターで「実況」(J-CASTニュース)
北・イランの核問題で連携=米国務副長官と会談−岡田外相(時事通信)
社民「国外」国民新「シュワブ陸上」移設案提示(読売新聞)
野菜大好き!「植物工場」にハマッた美人研究者(産経新聞)

<白浜町長選>再選したが残り任期は19日 また選挙実施へ(毎日新聞)

 和歌山県白浜町で7日、出直し町長選があり、任期満了直前に辞職した前町長の立谷誠一さん(60)=無所属=が、新人候補との一騎打ちを制して再選を果たした。しかし任期は今月25日の任期満了までのわずか19日。この間にまた選挙をしなければならない極めて異例の事態になった。

 公選法は、任期途中で辞職した首長が出直し選で当選した場合の任期を、当初の残り期間と定めている。

 当初、立谷さんは、任期満了に伴い同じ日程で行われる町長選に立候補を表明していた。しかし、町内のごみ焼却施設を巡って地元地区代表との関係がこじれたと2月8日付で辞職したため、出直し選になった。選挙戦で立谷さんは「辞職しなければ私自身もたなかった」と理解を求めたものの、町内の自営業の男性(57)は「町財政が厳しいことを一番よく知っているはずだ」と話すなど、辞職に対して厳しい声が多かった。町総務課によると、町長選の経費は1000万〜1500万円とみられる。【吉野茂毅、最上聡】

【関連ニュース】
おいらせ町長選:津波で投票箱24時間監視、ようやく終了
津波:青森のおいらせ町長選 投票所閉鎖で7日再投票
チリ大地震:各地に津波 青森・おいらせ町長選、3投票所を閉鎖−−7日再投票
選挙:おいらせ町長選 あす3投票所、再投票 異例の「延長戦」 /青森
選挙:神戸町長選 谷村副町長、出馬を表明 /岐阜

割引財源で高速道建設=使途拡大で改正法案−国交省(時事通信)
女児虐待死、継母を傷害致死容疑で再逮捕「黙秘します」(産経新聞)
公共事業費の大幅削減、国交相と民主議員が激論(読売新聞)
新聞猛反発の「クロスメディア規制」 「制度のあり方を検討」(J-CASTニュース)
耐震偽装物件新たに5件(産経新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
現金化
ショッピング枠現金化
債務整理・自己破産
出会いランキング
ブラック キャッシング OK
ライブチャット
クレジットカード現金化 比較
クレジットカードのショッピング枠を現金化
selected entries
archives
recent comment
  • 20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
    みっくみく (08/26)
  • 20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
    最近の流行 (05/13)
  • 20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
    カドルト (01/12)
  • 20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
    ソルバルウ (01/03)
  • 20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
    タンやオ (12/29)
  • 20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
    こういち (12/24)
  • 20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
    晶太郎 (12/19)
  • 20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
    モグモグ (12/15)
  • 20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
    ちょーたん (12/10)
  • 20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
    ヘッド (12/06)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM