スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


奈良5歳児餓死…2か月朝食だけ、体重1歳児以下(読売新聞)

 保護された時の体重は6・2キロ、1歳児以下しかなく、身長も2歳児並みだった――。

 奈良県桜井市で起きた虐待死事件で亡くなった吉田智樹ちゃん(5)は2か月もわずかな朝食しか与えられず、衰弱しきっていたという。両親で、保護責任者遺棄致死容疑で3日に逮捕された吉田博(35)、真朱(まみ)(26)両容疑者は、近所付き合いもなく、生活実態は県や市も把握できていなかった。周囲は異変に気付くことができなかったのか。なぜ、虐待や育児放棄は繰り返されるのか。

 県中央こども家庭相談センターの岸岡靖郎所長らが、この日午後10時20分から県庁で記者会見し、「桜井市やセンターにもう少し早く連絡をしてもらえれば、こんなことにはならず、防げたかもしれない」と無念さをあらわにした。

 岸岡所長は、真朱容疑者が午前11時頃から約1時間の間に繰り返し、智樹ちゃんの様子を伝えてきたことを明らかにし、「最初は泣きながら『子どもを虐待している』と言ってすぐに切れた」と話した。センターへの相談は、この日が初めてだったという。

 2回目の電話は15分後にあり、真朱容疑者は「やせており、風邪で寝ている。意識はある」と話したという。その際、名前と住所、携帯電話の番号を告げたため、センターは桜井市に対し、家を訪ねるよう連絡したが、岸岡所長は「この時点で(重篤という)判断ができず、どうしようもなかった」と振り返った。

 3回目の電話で、智樹ちゃんが衰弱している様子を把握し、センターはこの時初めて緊急事態と判断。センターの広岡幸夫主幹は「部屋に入った桜井市の職員2人は、一目見て状況が悪いという印象を受け、絶句した、と話していた」と声を詰まらせた。

 「(長男に)愛情がわかなかった」と話した両容疑者。住んでいたのは2階建てアパートの2階の一室。1Kの間取りの約20平方メートルに4人で暮らしていた。近所の人の話によると、周囲との付き合いはほとんどなかったという。

 同じ階に住む会社員男性(40)は「1年ぐらい前から、ほぼ1日おきに夜の10〜11時頃、しかられて泣くような子どもの声が聞こえていた。虐待があったとは知らなかった」と言い、1階に住む男性(33)は「泣き声や、何かを床に落とすような音が聞こえていたが、最近になって聞こえなくなったので引っ越ししたと思っていた」と話した。

2ちゃんサーバーダウン続く 韓国紙に「大規模サイバー攻撃計画」(産経新聞)
警報引き下げ、適切ではない=「3メートル津波」は否定−気象庁(時事通信)
岩手・久慈で最大波120センチを観測(産経新聞)
「首相を信じる」=普天間県内移設に反対強調−福島消費者相(時事通信)
高速の新割引料金は「値上げ」=前原国交相(時事通信)

年金一元化、8日に議論開始=首相と関係閣僚ら(時事通信)

 古川元久国家戦略室長(内閣府副大臣)は4日の記者会見で、年金制度の抜本改革に向けた閣僚協議会の初会合を8日に開くことを明らかにした。夏ごろに新制度構築に当たっての基本原則を取りまとめ、制度設計の議論に入る。
 民主党は昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)で、現在の厚生、国民、共済の3年金を一元化し、消費税を財源とする「最低保障年金」を創設してすべての人が7万円以上の年金を受け取れるようにすることを掲げた。会見で、古川氏は「最低限これだけの条件は満たしてなければいけないという基本原則を決めていくのが、まずは大きなテーマだ。まとめるまでには数カ月はかかる」と述べた。
 協議会は、鳩山由紀夫首相を議長に、菅直人副総理兼財務相、平野博文官房長官、仙谷由人国家戦略担当相、原口一博総務相、川端達夫文部科学相、長妻昭厚生労働相、枝野幸男行政刷新担当相で構成。古川氏が事務局長を務める。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

<生き埋め>工事中1人死亡 岐阜・各務原 (毎日新聞)
普天間、検討委打ち切りも=水面下で調整−平野官房長官(時事通信)
伊方原発 プルサーマル試運転 3号機の発電再開(毎日新聞)
海沿い列車の運転取りやめ=大津波警報などの発表で−JR各社(時事通信)
シンプルに栄養摂取 モンゴルの味 体を温める羊肉 ダイエットにも効果(産経新聞)

首相、政治とカネ「これまでどおり説明責任果たす」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は2日朝、平成22年度予算案が今夕衆院を通過する見通しとなったことに関連して「(審議が)参院に移っても政治とカネの問題は当然、追及がある。今まで通り説明責任を果たし、真摯(しんし)に対応したい」と述べた。首相公邸前で記者団に語った。

【関連記事】
小沢氏訪米、議会招待で調整 大統領会談は…
北教組の不正資金提供でさらされる労組丸抱え、民主に衝撃再び
首相と小沢氏が2日に会談「政治とカネ」協議か
鳩山首相、輿石氏との会談「予算案、頑張ろうと…」
「静かに休みたくて…」 首相公邸の和室を洋室の寝室に

自民に審議復帰の動き=予算組み替え動議を検討(時事通信)
<米アカデミー賞>会員に「ハート・ロッカー頼む」とメール(毎日新聞)
社会資本審委員、大幅入れ替え=新任10人、政策転換をアピール−国交相(時事通信)
正常化のめど立たず=自民欠席で粛々審議−国会(時事通信)
<殺人未遂容疑>1歳娘の首絞めた母親逮捕 茨城・土浦(毎日新聞)

満潮、大潮で一層の警戒を=気象庁(時事通信)

 大津波警報が発表された青森から岩手、宮城にかけての三陸沿岸では、28日午後3時前後と3月1日午前4時前後に満潮を迎える。1日は満月で、潮位が高い大潮にも当たるため、津波が大きくなりやすい傾向があり、気象庁は一層の警戒を呼び掛けた。
 津波は水深が浅い場所で大きくなるため、船舶は沖合に避難する「沖出し」が行われることがある。しかし、津波到達時刻が迫っている場合、港湾での作業は危険という。 

【関連ニュース】
災害警備本部を設置=大津波警報で警察庁
青森、岩手、宮城に大津波警報=太平洋沿岸全域1〜3m予想
28日午後に津波到達か=日本の太平洋沿岸
犠牲者冥福祈り各地で式典=新婚旅行で被災の邦人も参列

水俣病 関東移住の未認定患者23人が提訴(毎日新聞)
<チリ地震>医療チーム派遣 鳩山首相が方針(毎日新聞)
<普天間移設>北沢防衛相「陸上案検討」認める(毎日新聞)
<事業仕分け>狙いは公費支出あぶり出し(毎日新聞)
「天皇陛下の公的行為」政府見解の全文(読売新聞)

第28回日本医学会総会を来春開催(医療介護CBニュース)

 日本医学会は2月24日、来年4月に予定している第28回総会のプログラムについて発表した。

 日本医学会総会は、日本医学会が日本医師会と協力して医学および医学関連領域の進歩・発展を図り、学術面、実践面から医学・医療における重要課題を総合的に討議することが目的。次回は2011年4月、「いのちと地球の未来をひらく医学・医療-理解・信頼そして発展-」をメーンテーマに、学術講演と博覧会を2本柱に開催される。

 医療従事者を対象とした学術講演は、2011年4月8-10日、東京国際フォーラムを中心とした4施設で開かれる。特別企画として「医療を語る」などが予定されている。虎の門病院の山口徹病院長、日本病院会の山本修三会長、全日本病院協会の西澤寛俊会長をアドバイザーに迎え、病院勤務医の課題について問題点を指摘し、打開のためのディスカッションを行う。経済学者や行政からも演者を迎え、社会システムの在り方から医療の将来像を論じる。

 一方、「わかろう医学つくろう!健康EXPO2011」をキャッチフレーズに開催される一般市民向けの博覧会は、4月2-10日に東京国際展示場などで開かれる。
 今回は、会場まで足を運ぶことができない人のために、インターネット中継などを利用した企画も進められている。


【関連記事】
ネットワークを使った診療情報の活用法で3月にフォーラム
医療・福祉など「新規成長分野」で就職面接会−厚労省
医療工学のレベル向上を目指し、28日にシンポ
世界緑内障週間に合わせ、3月に市民講座
戦争を検証し、医の倫理確立へ

防犯ネットでひったくり阻止=ワースト返上へ犯罪マップも−警視庁と足立区(時事通信)
高級ホテルのスイートで乱交パーティー開催 売春防止法違反容疑で元俳優を逮捕(産経新聞)
<石巻3人殺傷>つかみかかられ刺した…少年、正当防衛主張(毎日新聞)
感染経路は特定できず=愛知の鳥インフル(時事通信)
<桜島>「ドカ灰」垂水市に集中 農作物深刻(毎日新聞)

145センチの津波観測=大槌町の潮位計で−岩手(時事通信)

 岩手県大槌町は28日午後3時43分ごろ、同町安渡の大槌漁港に町が設置した潮位計で高さ145センチの津波を観測した。
 同町災害対策本部によると、漁港内で一時海水が地上20〜30センチに達し、水産加工会社の建物の一部が冠水した。 

国母選手が帰国、身なり整え「分かんないっす」(読売新聞)
<北沢防衛相>艦載機部隊の移転は計画通り 岩国市長に表明(毎日新聞)
郷土の偉人 商標に火種 龍馬・高知県 特許庁に反発 (産経新聞)
殺人時効の廃止答申、改正法案を今国会提出へ(読売新聞)
「撮り鉄」線路立ち入り 大阪府警が実況見分(産経新聞)

前副知事、接待認める=同席の県幹部ら聴取−町村会汚職・福岡県警(時事通信)

 福岡県町村会による贈収賄事件で逮捕された前副知事中島孝之容疑者(67)が、町村会側から受けたとされる飲食などの接待を認めていることが捜査関係者への取材で分かった。接待にはほかにも複数の県幹部が同席していたとされ、県警捜査2課は20日までに、元部長(退職)と現職課長を任意で聴取した。
 接待は、架空請求で町村会から現金を詐取したとして逮捕、起訴された元事務局次長(70)と参事(49)の供述で判明。2人の公判で検察側は、接待が20年以上にわたる慣習だったと指摘した。
 関係者によると、中島容疑者らは町村会側の費用で福岡市内の高級クラブやマージャン店に行ったほか、ゴルフや北海道などへ視察名目で旅行もしていたという。同席したとされる県幹部は、いずれも同容疑者のかつての部下だった。 

【関連ニュース】
小学館社長かたり女子大生だます=容疑で41歳男逮捕
最新サイバー攻撃、世界2800カ所に=東欧犯罪集団が中国経由で?
振り込めグループ6人逮捕=46都道府県、400人被害か
山内衆院議員の元秘書逮捕=支援者から3000万円詐取容疑
リフォーム代名目で1500万詐取か=容疑で43歳男逮捕

元最高裁判事が衝撃告白 参政権判決「政治的配慮あった」(産経新聞)
西大寺会陽 宝木を奪い合う 岡山の奇祭500年(毎日新聞)
FX投資詐欺で女に実刑=アライド元代表−大阪地裁(時事通信)
飲料水に劇物、3等海曹停職=掃海母艦で、隊員2人けが−海自(時事通信)
「日本一早い」ハウスで桃の花見 山梨(産経新聞)

<インサイダー取引容疑>ヤマノHD会長らに課徴金(毎日新聞)

 未公表情報を基に株取引したとして、証券取引等監視委員会は19日、服飾販売会社「ヤマノホールディングス」(東京都渋谷区)の山野彰英会長(70)と関係会社2社に対し、金融商品取引法違反(インサイダー取引)の疑いで課徴金を科すよう金融庁に勧告した。課徴金額は山野会長が90万円、関係会社「ヤマノネットワーク」が29万円、同「ヤマノビューティケミカル」が78万円。

 監視委によると、山野会長は08年9月下旬ごろ、事業再編のため孫会社を売却することを内部で決定。公表前の10月10〜16日、自社株3万2900株を162万3500円で買ったとしている。また、山野会長は関係会社2社でも両社の証券口座を使って公表前に計4万9300株を計271万6900円で買い付けたという。買った株は売却していないという。

 ヤマノホールディングスは美容家の故山野愛子さんが設立したヤマノグループの中核会社。同社は「代表取締役自らが犯した違法行為であり遺憾」とコメントした。【堀智行】

【関連ニュース】
無登録営業容疑:投資顧問会社を捜索 5億円集める
無登録営業:FX高配当うたい十数億円集金か 元社長逮捕
架空増資:投資顧問会社社長に有罪判決 東京地裁
証取法違反:売上高水増し容疑で元会長ら逮捕…横浜地検
システム会社不正取引:元会長ら強制捜査へ 横浜地検など

両陛下の公務日程、官報に誤掲載=国立印刷局のミスで−宮内庁発表(時事通信)
<金属化合物>最も重い電子を持つ 京大グループ作成(毎日新聞)
地検の全検事参加・弁護士会は精鋭で…新作戦(読売新聞)
茨木の民家 火災1人死亡(産経新聞)
<与謝野元財務相>債務残高増大、民主党も責任取って(毎日新聞)

派遣法案要綱、17日に諮問=社民党の主張は盛り込まず−厚労省(時事通信)

 厚生労働省は16日、労働者派遣法の改正案要綱をまとめた。仕事がある時だけ雇用するので労働者の生活が不安定になりやすい「登録型」派遣や製造業派遣の原則禁止などが柱。17日の労働政策審議会(厚労相の諮問機関)に諮問する。審議会は近く了承する見通しで、厚労省はこれを受け、同法改正案を今通常国会に提出する方針だ。
 一方、社民党の福島瑞穂党首は16日、同法改正案に対する同党としての修正案を発表した。同法改正案は、登録型派遣の禁止が労働者に与える影響が大きいため、業務によって最長5年の猶予期間を設定している。社民党は猶予期間が長過ぎるとして、最長3年にすることなどを求めた。
 しかし、社民党の修正案に対し、審議会の労働側と経営者側の委員がいずれも反対を表明。このため、厚労省は同党の主張を盛り込む形の大幅修正は困難と判断。審議会が昨年末に出した改正派遣制度に関する答申に沿って、法案要綱をまとめた。法案提出に向けた政府内の協議は今後、難航する恐れもある。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜

HIV抗体検査・相談件数が減少(医療介護CBニュース)
<シー・シェパード>メンバー刑事処分を協議へ 調査船侵入(毎日新聞)
陸幕長に再発防止を指示=連隊長発言で北沢防衛相(時事通信)
官房長官、調査捕鯨「提訴されるような問題ではない」(産経新聞)
「疑わしい取引」過去最多=337件の摘発に活用−警察庁(時事通信)

小沢氏“宿敵”と決戦 参院・島根に著名人擁立 「青木氏、役割終わった」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は21日、松江市内で記者会見し、夏の参院選の第1次公認候補を3月1日にも決める考えを示した。特に、5選を目指す自民党の青木幹雄前参院議員会長(75)が出馬する島根選挙区(改選数1)については、「最重点選挙区」と位置づけ、全面的な支援態勢を敷く構えだ。ともに自民党旧竹下派で同じ「釜の飯」を食い、手の内を知り尽くす間柄。地元では、「因縁深い2人の最終戦争」との声も出ている。(山本雅史)

                   ◇

 「青木氏は旧体制を代表するような人。彼の時代的役割は終わった」

 小沢氏は記者会見でこう述べ、青木氏を切って捨てた。そのうえで、青木氏の対抗馬として、地元テレビ局の元アナウンサー、岩田浩岳氏(34)の擁立を発表した。

 島根県は、青木氏が秘書を務めた竹下登元首相を輩出した今や数少ない「自民王国」。平成19年の参院選こそ、民主党推薦の亀井亜紀子氏が青木氏の側近だった景山俊太郎氏を破った。しかし、政権交代した昨年の衆院選では、県内2選挙区で自民党が勝利するなど、盤石な保守地盤を誇っている。

 島根選挙区の対立構図は、平成4年の同派分裂以来、たもとを分かった小沢氏と青木氏による「因縁の戦い」という側面が強い。分裂時には、小沢氏が羽田孜元首相を、青木氏が小渕恵三元首相をそれぞれ支持し、激しい権力闘争を繰り広げた経緯があるからだ。

 小沢氏は会見で、党として島根の参院選候補擁立に総力を挙げると宣言したが、県連主導の人選は難航した。最後は小沢氏が直々に乗り出し、15日に京都市内で岩田氏とひそかに面会。小沢氏は周辺に「いい候補者が見つかった」とうれしそうに語っていたという。

 知名度抜群の地方放送局のアナウンサーらを一本釣りする手法は、昨年の衆院選などでもみられた小沢氏の得意戦術だ。今回もテレビ局から候補者を引き抜いた格好で、地元では大きな話題になっている。

 「油断ならない相手だ」(自民関係者)との声が出るなど、青木氏サイドも警戒感を強めている。青木氏は自民党内から世代交代を求める声が上がる中で、「島根は高齢県。中央政界の第一線で活躍することは、お年寄りに勇気を与える」として、議席死守に向けた決意を示している。

千葉大生殺害、ATM男「被害者宅入りやすそう」(読売新聞)
防波堤に大発生? 木更津のヒトデ干し(産経新聞)
社民・重野幹事長「県民の思いに応える方策か」 普天間、国民新の県内移設2案を批判(産経新聞)
予算委員長解任決議案提出へ=自民(時事通信)
行政評価機能強化へ機動調査班…総務省方針(読売新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
現金化
ショッピング枠現金化
債務整理・自己破産
出会いランキング
ブラック キャッシング OK
ライブチャット
クレジットカード現金化 比較
クレジットカードのショッピング枠を現金化
selected entries
archives
recent comment
  • 20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
    みっくみく (08/26)
  • 20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
    最近の流行 (05/13)
  • 20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
    カドルト (01/12)
  • 20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
    ソルバルウ (01/03)
  • 20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
    タンやオ (12/29)
  • 20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
    こういち (12/24)
  • 20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
    晶太郎 (12/19)
  • 20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
    モグモグ (12/15)
  • 20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
    ちょーたん (12/10)
  • 20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
    ヘッド (12/06)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM